2014年1月24日金曜日

年末年始の出動 その3(名古屋・三重編)


1月3日




 木島平を離れ、次の目的地名古屋へ移動しました。事前に名古屋市内で駐車場を探しましたが、なかなか良いところが見つかりませんでした。
 子供の行きたい場所のリクエストだったリニア・鉄道博物館の駐車場が、丁度バスも停められて1日1500円と安かったので、名古屋の拠点をそこへ決めました。
 

 高速でP泊後、9時前に駐車場へ入り、まずは博物館を見学しました。


 リニアや新幹線の実物が展示されていました。


 ドクターイエローの前で記念写真。


 子供も車掌さんの格好で写真撮影させてもらいました。


 電車以外にも色々な展示物がありました。これは古いレールを新しいレールと入れ替える機械の原理を展示したものです。へ~っと感心しました。
 この博物館には新幹線や在来線のシュミレーターがあり、かなり人気の様で、体験できるもの抽選で当選した人だけでした。我が家は残念ながら外れてしまいましたが、実物大ぐらいの大きさでとても面白そうでした。
 

 
 博物館見学の後は、あおなみ線という電車で名古屋市内へ移動しました。金の鯱鉾ならぬ、金の郵便ポストを発見。


 名古屋グルメは色々あってどれも美味しそうでした。
 せっかくここまで来たんだから美味しいお昼御飯を食べようと市内をブラブラ歩きましたが、昼間は閉まっているお店が多く、中々良さそうなお店を見つけれませんでした。
 結局名古屋駅から栄駅まで歩き、栄駅近くのビルの地下でナポリタンを食べました。


 食後は、I田さんがトレーラー仲間から教えてもらったという大須商店街をブラブラしました。


 缶バッチばかり打っているお店や・・・


 ガチャガチャのおもちゃをバラ売りしているお店などなど。面白いお店が沢山並んでいました。


 商店街の最後には大須観音がありました。露天でどて煮と熱燗を購入。美味かったです。


 ずっと歩きっぱなしで、子供達は少し退屈していたのかもしれません。立ち寄った百貨店にポケモンセンターがあったので、機嫌直しに立ち寄りました。


 晩御飯は、学生の頃に通いました。っていう雰囲気の安居酒屋に入りました。手羽先などの名古屋めしを食べました。
  お腹いっぱい食べた後は、トレーラーに戻り我が家はすぐに就寝しました。


 翌朝、9時前に現地を出発し、I 田さんが調べてくれたトレーラーも停められるお風呂へ行きました。その後I田さんは先に鈴鹿サーキットへ行き、我が家は昨日行けれなかった名古屋城を見に行きました。



 駐車場は名古屋城の駐車場を利用しました。 
 名古屋城周辺一帯の道路は、土日祝日は路駐OKと聞いていましたので、辺りを何周かグルグル回ってみましたが、さすがにトレーラー付きで停めれるようなスペースは発見できませんでした。
 

 丁度本丸御殿という所が改修を完了し一般公開を行っていました。
 名古屋城は一度戦争で燃えているため、お城の中はまるでビルのようでした。ちょっと興ざめ。
 


 石垣に上の写真のように字が彫られているらしいです。おもしろ~。
 

 名古屋城をグルッと見学した後は、I田さんを追っかけて鈴鹿サーキットへ。入場券を購入しようとすると、2時から安くなるのでちょっと待って下さいとの案内が。ラッキー!半値ぐらいで入場できました。


 年始だからでしょうか。寒いのにお客さんが多くて驚きました。学生時代に一度来た事がありますが、ガラガラだった記憶が、、、。


 なんか、おもしろい写真。  


 僕も久しぶりに遊具に乗りましたが、寒かった。



 ここには、スクール型というのでしょうか、インストラクターの方がバイクの乗り方を教えてくれて練習して、それから皆でコースを走るというアトラクションがありました。
 自転車駒なしで乗れるクラスに子供は参加。ブレーキをかけるときにアクセルを戻すのが難しかったみたいですが、何周か練習するうちに分かってきたようです。

 アトラクションや鈴鹿サーキットのコースなどを見学し、5時30分頃I田さんと現地で別れて帰路につきました。



 深夜割引を利用する為、三木SAでP泊し、翌5日の昼前に到着しました。帰ってからすぐに片付けと洗車をして夕方やっとひと段落することが出来ました。

 トレーラー購入以来最長の8泊9日でしたが、使用したガスは8kgを1本と5kgが1本、水は出発前に満水にしてから追加無しで4L程残っていました。(飲料、調理用は除く)
 
 ずっと一緒に付き合ってくれたI田さんにM本さん。本当にお世話になりました。また遊んでください~。
 


2014年1月13日月曜日

年末年始の出動 その2(木島平編)


 12月30日

 
M本さんと合流し、木島平へ到着したのは確か16時頃でした。下段の駐車場へ駐車し、タープを設置後、一先ず風呂へ入りに行きました。


今晩のお風呂は馬曲(まぐせ)温泉。スキー場から20分ほどで到着です。日中なら露天風呂からきれいな景色が眺められる様ですが、すでに暗いしめっちゃ寒いので当然内湯。と思いきやI田さんは露天へ(笑)。さすがです。

 今回は木島平で3泊する予定でした。参加家族も3ファミリーなので、晩御飯は持ち回りにしましょうと決めていました。トップバッターは我が家だったので、温泉で温まった後、早めに戻り晩御飯の用意をしました。



今晩の我が家のメニューはハリハリ鍋モドキ(鯨肉の代わりに豚と揚げと鴨のつみれ)と氷見で仕入れたブリの刺身です。ブリもシッポの方だと安く買えました。
 ブリの刺身は特に子供達に大人気で、あっという間に無くなってしまいました。鍋は〆のうどんを投入すると煮立ってしまいましたが、皆さん良く食べてくれました。お粗末さまでした。
 この日は、何時に寝たかな?タープの中でうたた寝しているとk子さんに「ハウス、ハウス」と言われたのは覚えています。。。

12月31日



 翌朝、一番に寝たので一番に目が覚めました。
 トレーラーとタープはこんな感じで設営しました。


 朝ご飯を食べ、向い酒を飲みスキーへ出動をしたのは10時頃でした。
 今年(といっても大晦日ですが)の初滑り。子供は滑り方を覚えているか不安でしたが、難なくスーパーボーゲンで滑れていました。



 天気は快晴!滑っていると暑いぐらいでした。



 お昼はM本さんがお餅を焼いてくれました。お焦げと醤油が絶品。


 今回は木島平の3日券を購入しました。別の券種があり、それだとリフトを乗り継いで他のスキー場へも行けるようです。



 夕方まで滑った後は、冷えた身体を温めに野沢温泉に行きました。スキー場から車で30分程です。町並みも大きく、全然草津温泉より楽しめそうです。明るい時に再訪してみたい温泉街です。


 何箇所か外湯があるみたいですが、今回は有名らしい大湯という外湯へ入りました。別府の外湯みたく、脱衣所とお風呂の仕切りが無く、体を洗う所も分かれていません。
 お湯は熱く子供は入れませんでしたが、自分達が体を洗っていると、一緒に入っていたイタリア人が水を大量に追加し、ちょうど良いお湯加減に(笑)。小さい蛇口の周りに大きいイタリア人4人が肩を寄せ合って湯に浸かっている姿は面白かったです。


 お湯上がりに、お焼きと肉まん、シュークリームとバナナロールを買って帰りました。
 この日の晩御飯はI田さんのカラカラ鍋と鳥と白菜のミルフィーユ鍋と氷見で仕入れていたワタリガニ。カラカラ鍋は少し辛ったですが、ビールと合って激うまでした。カニとミルフィーユ鍋は子供達に好評でした。
 この日は大晦日でしたが、テレビを見る訳でもなく皆でワイワイ話し込み、スキーの疲れからか11時ごろ解散。年越し蕎麦も食べる元気が無かったです。


 1月1日


 お屠蘇を飲んだ後は、今年の初滑り。今日も快晴です。


 誰も居ないゲレンデを滑るのはとっても気持ちいいです!

  
 奥信州のゆるきゃらあるくま君もこの日はゲレンデへ来ていました。あるくま君からお菓子を貰って子供も上機嫌です。


 この日、M本家は野沢や長野市内を観光。うちとI田家はのんびりスキー場で遊びました。


 この日のお風呂は、I田さんがスマホで調べてくれた渋温泉へ、連れて行ってもらいました。
  

 ここもまた趣のある温泉地でした。駐車場までの道中に射的を発見。熱中して写真がありません。



 渋温泉はモンハンというゲームとコラボして町おこしをしている様です。街角にはこんなキャラクターが点在していました。 



 ここにも外湯が何箇所かあるみたいですが、日帰り入浴が出来るのはこの9番湯だけみたいです。他の外湯は旅館に泊ったら合鍵を借りて入るようです。
 誰も入っていなかったので写真を。こんな感じでお湯が濁っています。この温泉も熱かったですが、ジーっと入っているととっても気持ち良い熱さでした。


  この日の、晩御飯はM本さん。鳥野菜鍋という味噌鍋でした。わざわざ味噌をお取り寄せして下さったみたいで、とっても美味しかったです。結局3日間鍋でしたが、いろんな味の鍋料理が食べれて楽しかったです。
 食後は、子供達に事前に用意していたプレゼント交換会。あーっと言う間に交換会が済んできましたが、みんな良い物に当たったんかな?
 この日も、たくさん飲んで早々に就寝。
 


1月2日


 今日は木島平で過ごす最終日。目覚めると一面雪です。 


 写真を見返すだけでも寒さが思い出されますが、この日も朝からゲレンデへ。

  
 リフトに乗っている間に雪だるまになりそうな程降っていました。


 さすがにスキーにも飽きてきたのか、ソリでも遊びました。

 お昼過ぎにトレーラーに戻り、撤収準備をしました。
 M本さんは一足早く白馬へ向けて出発されました。まだスキーを楽しむとの事です。
 
 僕たちは夕方、名古屋へ向けて木島平を後にしました。     名古屋編に続きます。