2014年4月29日火曜日

中蒜山オートキャンプ場

4月26日

 中蒜山オートキャンプ場に行ってきました。
 当初は我が家だけで行く予定でしたが、I田さん家とそのお友達家族ともご一緒させてもらいました。
 仕事が長引き、帰宅したのが8時半頃で、今回は自転車を持って行くので、その用意やらなんやらでいつもより準備に時間が掛ってしまいました。


 結局、自宅を出発したのが10時頃で、高速を利用して、今回はそのまま中蒜山まで行きました。現地到着は12時半頃でした。


 翌朝、天気は快晴。この日は1日ボケーっとします。


 天気も良く、芝生も気持ちいいので裸足で遊べました。この時期はまだブトもいませんでした。


 昼ごはんを適当にすませ、おやつを捕獲しに近くの釣り堀へ魚釣りに出かけました。


 釣った魚を自分たちでさばきます。


 キャンプ場に戻って塩焼きをして食べました。炭が起きるまで生態観察。


 その後ものんびり時間が流れ、自分は昼寝へ、、、。子供たちは木や枝を拾ってきて遊んでいました。これはクワガタだそうです。


 晩御飯は恒例のバーベキュー。朝晩の寒暖の差が激しく、自分は寒さに耐えれず、9時頃子供と一緒に就寝。


 翌朝、持ってきた自転車で塩釜の冷泉までサイクリング。こちらの方はまだ桜が残っていました。



 水が冷たくて、おいしかったです。


 キャンプ場に戻り、朝ご飯を食べた後は撤収し、今日の目的地に。


 前から興味があった大山の森の国へやってきました。




 定番の滑車スライダーや、回転ブランコ、巨大ブランコなど紐系の遊具から、、、




 2種類のアスレチックコースと1日遊べます。


 盛り上がったのは、蟻地獄というアスレチックでした。垂直には上がれないので、グルグル回りを走って遠心力で上がっていきます。
 I田さんの友達の子が何度も頑張りました。途中でぐずったりもしましたが、最後に出来た時には、自分も感動しました。


 みんなと一緒に遊べて大満足したようです。今、大人の歯に生え変わり中で、笑顔も少し間抜けです。


 I田さん達とお別れした後は、大山寺へ寄り道。


 夕食には少し早かったですが、大山そばを食べました。年末年始に信州そばを食べず、ずっと食べたかったお蕎麦が食べれて満足。


 大山には、まだ雪が残っています。ゴールデンウィークは登山客が多いんでしょうね。無料の広い駐車場もあったし温泉もあったので、機会があれば、大山周辺でゆっくりするのも面白そうです。

2014年4月22日火曜日

サイクルキャリア取付

4月20日

 hobbyにサイクルキャリアを取り付けました。キャリア自体は去年の10月頃に購入していましたが、暖かくなってから取り付けようと思っていたのと、リアが重たくなると、スネーキングの一因になるようなので躊躇していました。

 大分前にサイクルキャリアを取り付けるかもと、バッテリー関係はフロントへ移設していましたが、水タンクが後ろなので少し不安でしたが、ヘッド車が変わり、多少不安は解消されたので今回取付に踏み切りました。

 選んだサイクルキャリアはオムニバイクです。プラスチックのパーツが青くてhobbyとの色目も丁度良いと選んでいました。しかし開けてびっくり、プラスチックの色が黒になっていました。そういえば購入するときにthuleになってどうたらこうたらお店の人が言っていた様な。。。今更仕方ありません。
 


 説明書を読むと、最初に下部ブラケットを取り付けて、それから上部ブラケットを取り付けるようになっていますが、うちのhobbyの場合、上の位置が決まっているので、本体を仮組し、上部を取り付けて、下部ブラケットを取り付けました。

去年参加したトーザイアテオのオーナーズ大会でサイクルキャリアを取り付けられている方がいたので、取付位置を参考にさせてもらいました。



  

 穴あけも何度もやっているので、躊躇することなく取り付け。フレームを取り付けてコーキングを乾かします。(汚い。。。)


 そして、キャリア本体を取り付けます。これで作業は終了です。


 自転車も載せてみました。少し手で揺らしてみると、下部ブラケット周辺のボディがふわふわしています。ここはベニヤ板だけなので弱いです。実際に道路を走るともっと激しい衝撃があると思うので、改良が必要です。

 あと、折り畳み自転車の様な、フレームが一本物の自転車は積載できそうにありません。我が家の折り畳み自転車は無理でした。


 ついでにスタッドレスからノーマルタイヤに交換し、グリスアップも行いました。

  
 後日、下部ブラケットの補強を行いました。用意した部材は40㎜のアルミアングルです。これをボディ内側に取り付けました。外からも当てた方が良いのでしょうが、恰好悪いのでやめました。接地面積が増えるのと、L型なので外から押されても多少は効き目があるんじゃないでしょうか。まぁ無いよりマシなレベルだと思いますが、、、。

 今週末は、年末年始以来の2連休なので、蒜山辺りでボケーっとします! せっかくなので、自転車も積んで行ってみようと思います。

2014年4月14日月曜日

我が家の劇的ビフォーアフター! パート3

 
 ヘッド車入れ替えに伴って、車庫の改装工事をしました。
 今回の改装箇所は、中柱を撤去し、シャッターの取付位置を1つ手前の柱に替える事です。
 古い車庫なので、5m程の間を木造だけで飛ばすのは強度的に不可と言われ、鋼材による補強工事も追加で行う事に。。。
 補強工事及び、壁を延長した分の大工工事は、会社の監督さんに暇な時にしてもらう事にし、シャッターの取付のみ三和シャッターさんへお願いしました。
 

まずはビフォー。

 

 手前の柱の位置にシャッターを設置しますが、向かって右側の柱がひねっていてシャッターのレールが着かないので、この柱もやりかえる事に。


 シャッターを撤去して、柱をやり直しました。ついでに柱の下のコンクリート基礎も左右打ち替え。


 補強で入れる鋼材です。穴あけと塗装はお手伝いしました。



 シャッターを取り付ける下地もしっかりと作ってもらいました。




 鋼材とプレートで梁を補強。

 

 そして、中柱を撤去。車庫も倒れず、メシメシという音も出なかったので、無事撤去できました。
 

 シャッターも取り付けてもらい、9割方完成です。


 残りは延長した部分の壁です。


 トタン板を加工して壁を延長。見切りも良い板で仕上げてくれています。
 

 シャッターの前側もトタンで隠して、水切りも付けてもらいました。


 ついでに車庫内でバーベキューをする時に明るい方が良いので電灯を増設。 



 最後に木の部分を塗装して完成です。


 アフター。間口が広く、車も余裕で入庫できます。若干高さが低くなりましたが、キャリアを付けてもおそらく大丈夫でしょう。


 シャッターを閉めるとこんな感じです。本当は電動の1枚シャッターをが欲しかったのですが、値段が3倍もするので諦めました。
合間合間の工事だったので、工期が長くかかりましたが、快適な良い車庫になりました。

入学式とユーザー車検

4月11日

 

 この日は、子供の入学式でした。もう小学生かと思うと、月日が経つのは早いです。


 うちの小学校は、30人学級が4クラスなので、総勢120名の新一年生です。バス通学の地区もあるほど学区が広いので人数も多いです。穏やかな学校生活を送ってほしいです。


 入学式の後は、hobbyのユーザー車検へ行ってきました。車幅灯が点灯していなかったのですが、手で叩くと点灯したのでOKをもらい、すんなり合格できました。
 点検項目は、ホイールナットの点検と、室内の確認(入口から中を覗くだけ)、灯火の確認と下回りの点検でした。費用は大体2万2千円(自賠責含む)でした。


 意外と短時間で車検が終わったので、近くの公園へ今年最後のお花見に行きました。さすがに平日なので、閑散としていました。


 ランクルになってから初めての牽引でしたが、牽引している事を忘れるくらい、振動も揺れも無かったです。
 ハリアーの時は、連結するとケツが下がるのでどうもフロントがフワフワした感じで気持ち悪かったのですが、ランクルでは、そんな症状は感じられませんでした。
 連結を外した時、ウィーンと音がして車高が変わった気がしたので、自動調整でもついているんでしょうか?ヒッチの高さも丁度良いぐらいで良かったです。ゴールデンウィークが待ち遠しです。