2014年8月25日月曜日

木下大サーカスに行ってきました。

8月25日


 
 4年ぶりの岡山公演らしい、木下大サーカスに行ってきました。ウソかホントか世界3大サーカスの1つらしいです。子供の頃、良く行った記憶がありますが、うちの子は今回が初めて。
 


 一般席は、チケットの他に整理券を貰って、その券の番号順に入場していきます。
 残念がら公演中は、写真撮影禁止でしたので、ショーの写真はありません。久しぶりに観覧しましたが、かなり面白かったです。
 動物のサーカスよりは、やはり人間のアクロバッチックな演技が面白かったです。まさに和製シルクドソレイユや~と思ったら、ほとんど外国人のパフォーマーでした。

 さて、来週は夏休み最後の週末。天気が良ければ、朝から焼肉で建部でマッタリしようかな。。。

2014年8月20日水曜日

2014 お盆休みの出動 その5

8月17日


 お盆休み最終日です。これでもかって言うぐらいの土砂降りで、滝のように雨が流れ落ちています。
 弟夫婦は、渋滞を嫌い、6時半頃には現地を出発し帰路に着きました。自分たちも、早く出発したかったのですが、駐車場の精算機に係員さんがいないと、大型料金になってしまうので、係員さんが来るまで待機し、8時頃出発しました。

 下道を通り、下呂温泉に立ち寄ってみようかとも考えましたが、激しい雨は収まりそうもないので、大人しく中部縦貫道に乗り、帰路へ。


 でも、なんかどこかに寄りたいので、飛騨清見で一旦高速を降り、道の駅桃の里荘川へ行ってみる事にしましたが、途中の川が氾濫寸前です。
 
 あわよくば郡上八幡でも寄って帰れればと思っていましたが、k子さんに一蹴され、大人しく荘川ICより再度、高速道路に乗りました。


 前が見えないほどの大雨でしたが、岐阜市内に入ると雨が上がってきました。川島PAにハイウェイオアシスがありましたので、そこでお昼ご飯を食べる事にしました。



 環境学習が目的のこの公園では、沢山の家族連れが遊んでいました。高山では、寒いほど涼しかったのですが、こちらはムシムシです。
 大きな観覧車や水族館などが併設していて、一日遊べそうな公園でした。
 ザリガニ釣り遊びをしていると、また雨が降り出したので、お昼ご飯をコンビニで調達し、車の中で済ませました。

  
渋滞に捕まることなく、19時頃自宅に到着しました。後半は本当に雨に降られた旅行でしたが、それなりに楽しむことが出来ました。

 福井は、まだまだ楽しめそうなので、また行ってみたいと思いましたし、今回色々入った温泉の中では、白峰温泉が一番良かったです。
 福井と白山周辺でまた旅行をしてみたいなと感じた今年のお盆休みでした。

 おしまい。

2014 お盆休みの出動 その4

8月16日

 雨は相変わらず降り続けていました。ここの道の駅も車中泊組が多かったです。


 この日は高山をブラブラするつもりでしたが、雨が止みそうにないので、とりあえず白骨温泉に朝風呂に入りに行くことにしました。お湯は温めで、白乳色でした。効能はどうか分かりませんが、平湯とあまり変わらない感じです。



 白骨温泉までの道は狭く、急こう配です。Zカーブなる看板もありました。トレーラー付でも行けない事はないでしょうが、温泉の駐車場が狭いので、車だけで行った方が無難です。




 帰りに平湯大滝へ寄ろうと思いましたが、大雨になり断念。そのまま、高山市内へ移動しました。
 高山では市営の駐車場に車を停め、弟の車に乗せてもらい、高山ラーメンを食べに行きました。街中のラーメン屋さんは、雨にも関わらず長蛇の列でしたので、少し郊外にある高砂というラーメン屋さんへ行きました。
 麺は注文してから手打ち?っていうぐらい、待ち時間が長かったですが、魚介の出汁が効いて美味しかったです。子供は大盛を頼んでペロリと食べちゃいました。


 ランチ後は、街中に移動し散策しました。雨も小降りになって良かったです。
 沢山の酒蔵がありました。この川尻酒造さんは古酒専門の蔵でした。高山市内でしか出回っていないお酒みたいです。取りあえずこちらで、おすすめの天恩というお酒を購入しました。



 観光マップを見ると、夢工場飛騨というせんべい焼き体験ができるお店がありました。少し離れていたのですが、散策しながら行ってみました。
 大爆笑体験工場と建物の壁に書いてあるので、期待したのですが、真面目にせんべい焼き指導を受け、真剣に出来映えをチェックされ、駄目出しを受けました。笑えるところは無かったですが、せんべい焼き体験は面白かったです。  


 再び、高山の町をブラブラ。雨が降ったり止んだりでした。


 弟がどうしても食べたかったという、飛騨牛の握り。美味かったです。


 歩き疲れた後は、トレーラー乗りご用達(?)の喫茶店で一服。


 京やという居酒屋で晩御飯を食べました。上高地に連れて行ってもらったタクシーの運転手さんから教えてもらいました。自分たちは、ブラブラしている時に店の前を通ったので予約していましたが、予約が無ければ、座れなかったです。


 炉端のある席と無い席がありました。せっかくなので、炉端席で頂きました。


 郷土料理がお手頃価格で食べれます。焼きナスは、大きなナスの中に薬味が入っていて、皮をむいで食べます。ほおば焼きも、酒のつまみに絶品です。


 一番美味しかったのは、おかみ特製の鶏ちゃん焼きでした。岐阜地方の郷土料理です。ここのお店も、美味しかったので、高山に行った際には、また再訪したいです。


 今晩のお風呂は、たかの湯という銭湯へ入りました。その筋では有名らしい方が書いた富士山の絵が壁に書いている、これぞ銭湯という浴場でした。炭酸の湯が売りらしいのすが、めっちゃ熱いです。でも身体がほのかにパチパチとする感じでした。
 帰り際に、子供に牛乳をくれました。風呂上がりの牛乳って、まさしく昭和を感じる演出です。
 福井でも、銭湯に入りに行こうとしましたが、解体工事中だった所もあり、スーパー銭湯や日帰り温浴施設などに押されて、数が少なくなってきてるんでしょうか。末永く残ってほしい物です。

 温泉で温まったあとは、駐車場に戻り、そのままトレーラーの中でP泊しました。

 その5に続きます。
 


 

2014 お盆休みの出動 その3

8月15日

 

 朝から雨です。たくさんの車中泊の車が居ました。6時半に、道の駅を出発し、とりあえず予約をしていたキャンプ場へ向かいました。


 弟夫婦と、一緒に旅行に行くと決まったのが遅く、キャンプ場はどこも一杯でしたが、この飛騨高山スキー場(夏場はキャンプ場)は、空きがありました。
 おそらく、立地の悪さとスキー場なので勾配があり、寝るのが大変そうだからでしょうか。利用料金は1泊1,700円と激安です。



 しかし、雨がかなり激しくなってきて、しかも弟の奥さんは妊娠中のため、こんな状況でテントキャンプは可愛そうなので、弟夫婦には一緒にhobbyの中で寝てもらう事にし、キャンプ場はキャンセルしました。そして、平湯のあかんだな駐車場へ行くことにしました。

 事前に電話確認すると、P泊可能で1日500円と聞きましたが、行ってみるとP泊はダメ、車は大きいから1日2,000円と言うじゃありませんか。
 

 あーだこーだ言っても(言ったけど)仕方ないし、またどこかに移動するもの時間の無駄なので、取りあえず車を置いて、駐車場からタクシーに乗り、上高地観光へ出かけました。
 あかんだな駐車場からは、上高地行きのバスとタクシーが出ています。大人4人だとバスもタクシーも値段はそんなに変わりません。



 せっかくの上高地もザンザン降りの雨です。まぁ晴れの河童橋は、テレビや雑誌で見れるので、雨の方が貴重かも!(泣)
  

 上高地バスターミナルから、帝国ホテルまで散策しました。


 お昼ご飯は、奮発して、帝国ホテルでカレーライスを食べました。想像と違うカレーの味で、表現できませんが、美味しかったです。


 濡れた身体を温めに、ひらゆの森で早めのお風呂タイム。駐車場はごった返していましたが、浴場が大きいので、混雑している感じでは無かったです。


 お風呂を出た後、平湯の温泉街を少しだけブラつき、道の駅奥飛騨温泉郷へ移動しました。


 久しぶりに食べるk子さんの晩御飯。お肉は近くのJAで仕入れた飛騨牛です。でもみんなお疲れなのか、椎茸やほうれん草の方が好評でした。 


 食後は、みんなでトランプで遊びました。うちのhobbyも5人が限界です。もう1つ別に椅子があると楽かもしれません。自分は良い感じに酔っ払い、いつ寝たのか覚えていません。どうやら子供より早く寝たみたいです。

 その4に続く。

 

 

2014 お盆休みの出動 その2

8月14日

 

 今回福井市内でお世話になった東本願寺別院駐車場です。駅前まで自転車で10分程と便利な場所でした。


 朝ご飯を食べに、再度駅前まで向かいます。途中、福井大仏なるものを発見。


 市内には、ちんちん電車が走っています。駅前にある、なか卯で朝食を済ませ、再びサイクリング。市内は自転車の通路が歩道内に区分けしてあるので、走りやすいです。



 福井城址に行ってみました。今は県庁と県警本部が建っています。廃藩置県そのまんまですね。


 福井城は、徳永家康の二男が築城したみたいで、敷地内には石像がありました。また、福井の名前の元になったと言われる井戸もありました。


 今日は、昨日行けなかった永平寺へ参拝し、高山まで向かう予定なので、早めにP泊地を出発しました。途中、市内で沢山の車が路駐していました。ぱっと見ると饅頭屋さんでした。

 あべ川餅が評判の様で、みんな何十枚という単位で買っていきます。我が家も取り合えず10枚買ってみました。


 買い物などを済ませ、10時頃、永平寺に到着しました。永平寺は曹洞宗の大本山であり、座禅のお寺としても知られています。

 



 ここでは、多くの若い修行僧が生活をしています。丁度、お昼ご飯を食べる用意をしている様でしたが、沢山の観光客がいる中での修行もやりにくいでしょう。

 最初に、永平寺の案内説明を修行僧の方がしてくれましたが、観光気分を少し置いて、境内を見て欲しいと言った事がよく分かりました。でも、入場料を取ってるんだから、仕方ないですね。
 希望者は写経や体験座禅ができますが、お盆の間はしていませんでした。座禅は面白そうですね。

 ここでの駐車場は、井上というお土産屋さんの駐車場を利用しました。食事やお土産を買ってくれたら、駐車場代は良いですよという事でしたので、お土産を購入しました。
 

 永平寺からは、北上し、白山スーパー林道経由で白川郷へ抜けました。途中、早めのお風呂に入る事にし、道中にあった白峰温泉という所へ立ち寄りました。
 ここのお湯はヌルヌルしていて、でも、湯上りはサッパリとして、とってもいいお湯でした。


 風呂の前にある、物産店で遅めの昼ごはん。蕎麦の中に堅い豆腐が入っていました。堅豆腐と言って、薄くスライスして刺身醤油で食べると美味しんだそうです。


 白峰温泉から40分程で、スーパー林道の入口に到着しました。トレーラー付でも普通車扱いです。期間限定で普通車は2,500円に割引されていました。




石川県側から入ると、緩やか登って行き、最初の方に滝や、見晴しスポットなどが点在しています。道幅は、そんなに広く無かったです。普通車との対向は問題ないですが、バスなどが来たら気を使うでしょう。



 天気は良かったのですが、雲が多く白山の全景は見れませんでした。
 確か、この展望台を過ぎて少し行くと、下りに変わってきます。岐阜県側は、短い距離で一気に標高が上がるといった感じで、滝などの見どころも無かったように思います。石川県側からだときつい下りが続くので、エンジンブレーキを併用します。
 スーパー林道は夜の6時までの通行で、かつ、夜間の駐車は禁止されています。(夜はすごい不気味だと思います。)


  岐阜県側に降りると、目の前は白川郷でした。このまま道の駅でP泊しようかとも考えましたが、翌日は8時にキャンプ場へチェックインする予定でしたので、少しだけ進み、ななもり清見という道の駅でお世話になりました。


 晩御飯は、福井で仕入れていた食材で簡単に済ませました。


 例のあべ川餅は、とっても美味しくてペロリといっちゃいました。もう20枚は食べれたかも。


 ドライブばかりで退屈だったのか、トレーラーの中でやっと遊べるようになったので、一緒に恐竜戦いごっこをして遊びました。
 この日も、運転疲れからか、子供と一緒に9時頃に就寝しました。

その3に続きます。