2015年5月27日水曜日

今年も美保基地航空祭に行ってきました。

5月24日

 今年もブルーインパルスが来るという事で、美保基地航空祭に行ってきました。数日前、天気予報では日曜日だけ雨マークがありましたが、当日は気持ちのいい五月晴れでした。
 
 今回もk子さんは、お花の講習があった為子供と2人旅行です。一人で夜をゆっくり過ごせれるからでしょうか、半ば追い出されるように出発。
 数回の休憩をし、10時前に到着しました。いつも通り、基地内の駐車場でP泊しようと入ってみると、なんと今年はバリケードが張られています。警備の人に聞いてみると、今年は一般車は駐車できないので、他の駐車場に回ってくれとの事。
 広い臨時駐車場の場所を教えてもらい、そちらへ移動しました。


 帰りの混雑が予想されるため、出口近くに駐車しました。


 ちょっと遅めの夜食弁当です。子供が寝た後、自分もゆっくり映画でも見ようかと思いましたが、子供と一緒に寝てしまいました。


 翌朝、続々と駐車場に入ってくる車の音で目が覚めました。すでにシャトルバスには行列が出来ています。
 ガラケーのナビウォークで調べてみると、駐車場から基地まで約1.5㎞でしたので、シャトルバスに乗らず歩いていくことにしました。


 去年まで一般車が駐車で来ていた場所は、数台の招待客の車しか止まっていません。その代わり、基地内の通路には路駐の車であふれています。
 混雑は基地の外まで続いていたので、開放したらいいのに、、、。


 8時半の開門予定でしたが、少し早くオープン。ブルーインパルスも来ています。今年は天気が良いので、絶対に飛んでくれるでしょう。


  自分たちは例年通り、スタンプラリーを一番に攻略すべく、開始15分で5つ中3つを済ませ、管制塔の見学整理券配布の列に並びました。


 整理券をゲットした後は、子供のお楽しみグッズ売り場へ。キーホルダーやタオルなどを買って、残りのスタンプラリーも終わらせました。
 スタンプラリーの景品配布場所では、サイコロを振って出た目の数で景品が決まるんですが、まだ人が少なかったためか、同じ目が出たらサイコロを振り直させてくれました。
 しかも、おまけまでくれて、子供も喜んでいました。 




 エプロンに戻り、飛行展示を見学。F15とF2と大きなヘリコプターです。F15はすごい爆音です。普通のデジカメではこんな写真が限界です。
 

 大きな輸送機の中も搭乗できました。


 海上保安庁のヘリコプターも救助訓練の展示飛行を見せてくれました。


  一通り、展示飛行が終わったので、管制塔見学へ行きました。今回見学できたのは、管制室ではなく、1つ下の展望エリアです。ちなみに2年前に完成した新しい管制塔で、展望エリアまでは、階段で上りました。その数160段です。


 トイレにすごい行列が出来ています。

 

 基地が少し拡張されています。正面の建物が古い管制塔です。高さが大分違います。今年は、展示されてる飛行機が少なかった印象です。 


 ブルーインパルスが飛ぶまで小一時間時間が空いているので、その間に陸上自衛隊や海上自衛隊、海上保安庁などが出しているブースを周りました。色々グッズがもらえます。子供はペーパークラフトを作っていました。


 お昼近くになると、人混みは最高潮になります。お土産屋さんや屋台村周辺は身動きが取れません。上の写真の行列は、自動販売機の列です。飲み物、食べ物は事前に用意していた方が無難です。
 過去3回来ていますが、人出は一番多い感じです。


 いよいよ、ブルーインパルスの飛行展示になりました。もうすぐ飛び立つぞ~っと言うときに、子供がトイレに行きたいと言い出しました。なんで今よ!っと思いましたが、逆に今なら空いているはずと、猛ダッシュでトイレを済ませ、離陸は見れませんでしたが、なんとか間に合いました。









 すごかったです。ずっと子供を肩車しながら撮った写真の割にはまずまず写っていました。雲が無ければ、スモークも綺麗に見えたんでしょうが、それでも感動しました。

 帰りの渋滞に巻き込まれるのが嫌だったので、着陸を待たずに基地を出て駐車場に戻りました。
 それでも、米子市内は大渋滞。風呂に入ってのんびりしたら渋滞も落ち着くだろうと、おーゆーランドでお風呂に入ってから帰りました。
 それでも、米子ICから江府ICまで渋滞が続き、結局家に到着したのは8時前になりました。

 さて、今回の教訓です。やっぱり毎年行っているからと言って、駐車場の確認はしといたほうが良いです。
 結局、招待者しか停めれないと言われた駐車場には、一般車が駐車していました。でも、早く退出しないと、基地の敷地を出るまでにかなり時間がかかったでしょう。臨時駐車場に停める場合は、自転車を持って行くと行き帰りが楽です。

 渋滞回避の為のルートはもう少し考えた方が良かったです。大根島ルートも考えましたが、そこまでする必要もないかなと思って、今回は見送りました。江府までは、下道が良いと思います。

 美保基地航空祭自体に飽きを感じていましたが、ブルーインパルスが見えるならまた行きたいです。
 

2015年5月24日日曜日

フラワーアレンジメント(2015.5.24)

NFD(日本フラワーデザイナーズ協会) 岡山県支部総会および付帯事業講習会にて

会場: 岡山中央市場
講師: 畑 吏江 先生(京都市在住 NFD本部講師)
内容: モダンな和のかたち ~ 初夏のデザイン




モスメッシュシートに、初夏を感じさせるグリーンを基調としたひもを編み込んでバックをかたち作る。アクアバーを中に入れ、アレンジしていく。ガラスコップの上に飾ることでモダンな空間を演出する。
クラッチバックもイメージするデザインで、花ファッションとして、時代の流行も意識することが重要。

2015年5月11日月曜日

今年のゴールデンウィークはテント泊でした。その3

 5月5日

 最終日です。この日は、朝から快晴でした。朝ご飯の後、子供たちと近くの河原に遊びに行きました。
 子供たちを見ていると、なんでも遊びに替えてしまって面白いです。



 河原で拾った石でカメと作った見たいです。
 撤収もk子さんの指示に従ってスムーズに出来ました。お昼前にキャンプ場を出発し、大正市場でお昼ご飯を食べました。


 その後、どうしてもk子さんがさぬきうどんを食べたいと言うので、例のうどん屋へ。香川の有名うどん店は、連休中行列だったようですが、こちらは普段通りの客入り。


 ジャンボたらいです。うめかった~。


 うどん屋からの眺望も綺麗です。


 明日も休みなので、片付けもそこそこにして、風呂に入って海洋堂で買ってきたガチャガチャを組立て遊び、早めに寝ました。


 翌日。テントやタープを乾燥させようと取り出すと、燻された臭いが半端無いです。


 そのままスクリーンタープを張り、昼から一杯飲みながら片づけていると、今日も友達が遊びにやってきました。


 そのままの流れで、お友達家族も再び集まり、キャンプ中に出来なかったたこ焼きと、余っていた肉でまたまたバーベキュー。
 花火もキャンプ場では禁止されて出来なかったので、やってしまいました。

 久しぶりのテント泊で、雨も降ったりしましたが、それでも快適に過ごす事が出来ました。子供たちも楽しかったみたいなんで、またみんなで行きたいです。


 

今年のゴールデンウィークはテント泊でした。その2

5月4日

 翌朝。一晩中降っていた雨も止み気味に。朝ご飯は、炭火を起こし、晩御飯の余り物を焼いて食べました。


 奥さんチームは、キャンプ場で飲む見たいなので、お父さんチームで海洋堂のホビー館へ行ってみました。




 良く出来たジオラマや人形が沢山飾られていました。子供たちは、ガチャガチャをねだってやった見たいです。1個100円かと思ったら、400円もしました。おもちゃも値上げの波ですか。



 お次は、カッパ館という所へ行ってみました。


 イマイチよく分からなかったですが、とにかくカッパの置物や人形が沢山飾られていました。


 ゴールデンウィークの企画で、竹とんぼづくりをしていたので参加させて貰いました。


 おばちゃんと話をしていると、なんでも竹とんぼの世界大会があり、種目も飛距離、高度、滞空と3種類あるみたいです。上の竹とんぼが飛距離で、下のが滞空に使う竹とんぼだとか。
 軸と羽の交わり方や、羽の両端は、金属を張っていたりとかなり本気です。ちなみに飛距離の世界記録は158mらしいです。


 子供たちは、早速作った竹とんぼで遊んでましたが、すでに13時近かったので、キャンプ場に戻りO野さんが作ってくれたカレーを食べました。


 昼食後は、O野さんおすすめの道の駅虹の森公園まつのへ。淡水魚の水族館とガラス細工工房などがありました。


 これ、ウナギです。食べたら何人前?


 名前忘れました。ペンギンとか金魚とか、可愛い魚も展示しています。


 道の駅からの帰りに、お風呂に入って帰ろうと言う事で、十和温泉に寄ってみました。すると、展望露天風呂は故障の為利用禁止。さらにゴールデンウィーク価格なのか、金額がアップされていました。


 これは、ちょっと、、、。という事で、場所を変更し、キャンプ場近くの大正温泉に入りに行きました。


 いつも、あまり気にしていないのですが、適応症でヒステリーってあんまり見たことない気がします。お湯はヌルヌルで気持ち良かったです。


 キャンプ場に戻り、晩御飯は、恒例のバーベキュー。燻製やじゃがバター、パスタ等々、この日もいっぱい食べて飲んで、少し早めの10時に就寝しました。